9日午後の東京市場でドル・円は一時142円45銭まで下げたが、足元で売り一服となり142円80銭付近に値を戻した。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め長期化観測で、ドルは売りづらい面もある。ユーロ・円などクロス円もドル・円に追随した値動きに。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円45銭から144円72銭、ユーロ・円は143円63銭から144円49銭、ユーロ・ドルは0.9995ドルから1.0084ドル。