9日午後の東京市場でドル・円は142円70銭台と、ほぼ変わらずの値動き。全般的に材料難で動意が薄く、積極的な売り買いは手控えられているもよう。米10年債利回りの戻りは鈍くドル買いは入りづらいが、米株高期待を背景とした円売りがドルを支える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円45銭から144円72銭、ユーロ・円は143円63銭から144円49銭、ユーロ・ドルは0.9995ドルから1.0084ドル。