9日のニューヨーク外為市場でドル・円は142円82銭まで上昇後、142円16銭まで反落し、引けた。

米長期金利の低下に伴いドル売りが優勢となった。しかし、ブラード・セントルイス連銀総裁やウォラーFRB理事がそろって9月FOMCでの大幅な追加利上げを支持する姿勢を表明したためドルの下落も限定的となった。



  


ユーロ・ドルは1.0064ドルまで強含んだのち、1.0032ドルへ反落し、引けた。



ユーロ・円は143円43銭まで上昇後、142円76銭まで反落。


 

ポンド・ドルは1.1551ドルから1.1604ドルまでじり高推移した。




ドル・スイスは0.9626フランまで上昇後、0.9588フランまで反落。










[経済指標]
・米・7月卸売在庫改定値:前月比+0.6%(予想:+0.8%、速報値:+0.8%)