■豪中銀による追加利上げを意識して円売り広がる



今週の豪ドル・円は上昇。豪準備銀行(中央銀行)は政策金利の0.50ポイント引き上げを決めたが、その後も、カナダ中央銀行、欧州中央銀行(ECB)が大幅追加利上げに動き、米連邦準備制度理事会(FRB)の9月0.75ポイント利上げ観測も再浮上し、円売りが広がった。4-6月期国内総生産(GDP)の前年比伸び拡大も好感された。取引レンジ:94円94銭-97円92銭。



■もみ合いか、利上げペース減速の可能性も



来週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)は9月理事会で政策金利引き上げを決めたが、ロウ総裁は、「政策金利の水準上昇に連れて金利上昇ペースを緩めるケースが強まることを認識している」と述べており、経常状況が変わった場合、利上げペースが減速する可能性は高まるとみられる。



○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント

・15日:8月雇用統計(7月:失業率3.4%、雇用者数増減-4.09万人)



予想レンジ:96円00銭-99円00銭