12日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、143円40銭台に浮上した。米10年債利回りの先高観からドル、ドルは売りづらい展開に。また、日経平均株価は前週末比300円超高と強含むほか、米株式先物も堅調となり、株高を好感した円売りが主要通貨を押し上げる。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円34銭から143円44銭、ユーロ・円は143円40銭から144円70銭、ユーロ・ドルは1.0061ドルから1.0095ドル。