NY外為市場でドルは明日発表が予定されている消費者物価指数(CPI)を控え、底堅く推移した。米国債相場は伸び悩み。10円債利回りは朝方3.26%まで低下後、3.30%まで上昇した。



ドル・円は朝方欧州通貨高や長期金利低下で一時142円23銭まで下落後、142円88銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.0130−35ドルで伸び悩み。ポンド・ドルは1.1700ドルで高止まりとなった。