13日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り、142円台を維持。米10年債利回りの上げ渋りでややドル売りに振れ、一時142円30銭台に下げた。ただ、値ごろ感からドルは下げづらく、正午にかけて142円半ばに戻している。日本株高を受けた円売りも、ドルの支援材料。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円32銭から142円86銭、ユーロ・円は144円23銭から144円76銭、ユーロ・ドルは1.0118ドルから1.0146ドル。



【経済指標】

・日・8月国内企業物価指数:前年比+9.0%(予想:+8.9%、7月:+9.0%←+8.6%)

・日・7-9月期法人企業景気予測調査・大企業全産業景況判断指数:+0.4(4-6月期:-0.9)