13日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、142円半ばを維持する。日経平均株価は前日比40円高にとどまるものの、米株式先物はプラスで推移し、株高を好感した円売りに振れやすい。また、米金利は動意が薄いが、ドル・円の下げ渋りでクロスは下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円32銭から142円86銭、ユーロ・円は144円23銭から144円76銭、ユーロ・ドルは1.0118ドルから1.0146ドル。