13日午後の東京市場でドル・円は142円50銭付近と、ほぼ変わらずの値動き。今晩発表の米消費者物価指数(CPI)を前に様子見ムードが広がり、全般的に動意が薄い。アジアや欧米の株価指数がプラスを維持しており、円買いは後退しているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円32銭から142円86銭、ユーロ・円は144円23銭から144円76銭、ユーロ・ドルは1.0118ドルから1.0146ドル。