13日午後の東京市場でドル・円は本日安値を下抜け、142円18銭まで値を下げた。15時に発表された英国の雇用関連統計でILO失業率が改善し、ポンド買いが強まった。それに追随し、欧州勢とみられるユーロ買いも進み、ドルを下押ししている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円06銭から142円86銭、ユーロ・円は144円18銭から144円76銭、ユーロ・ドルは1.0118ドルから1.0149ドル。