欧州市場でドル・円は142円30銭付近と、底堅く推移する。今晩の消費者物価指数(CPI)の発表を控え、伸びの鈍化を見極める展開で積極的に動きづらい。明日の生産者物価指数(PPI)も低下する見通しだが、物価の高止まりで引き締め期待は継続している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円17銭から142円41銭、ユーロ・円は144円27銭から144円49銭、ユーロ・ドルは1.0132ドルから1.0162ドル。