14日午前の東京市場でドル・円は144円40銭台で推移。一時144円96銭まで値を上げたが、ドル買い一巡後は144円09銭まで値下がりする場面があった。ただし、リスク回避的なドル売りが短期間で拡大するとの見方は少ないため、ドル・円は144円台をしばらく維持する可能性が高いようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円09銭−144円96銭、ユーロ・ドルは、0.9956ドル−0.9986ドル。ユーロ・円は143円79銭−144円48銭。