14日午後の東京市場でドル・円はやや大きく値を下げ、144円を割り込み143円70銭台に失速した。日銀のレートチェックに関する報道を受け、政府・日銀のドル売り・円買い介入の思惑が広がった。ドル・円の下落がクロス円に波及しているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円66銭から144円96銭、ユーロ・円は143円65銭から144円48銭、ユーロ・ドルは0.9956ドルから0.9999ドル。