14日午後の東京市場でドル・円は一時143円60銭台に失速し、足元は143円70銭台で推移する。日銀のレートチェックに関する報道で政府・日銀の為替介入に思惑が広がり、円買いに振れやすい。一方、日経平均株価は前日比800円安で、株安を警戒した円買いも。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円66銭から144円96銭、ユーロ・円は143円65銭から144円48銭、ユーロ・ドルは0.9956ドルから1.0000ドル。