15日午前の東京市場でドル・円は143円近辺で推移。朝方に142円80銭まで値を下げたが、顧客筋のドル買いが観測されており、143円台に戻した。ただし、政府・日銀による円買い介入実施の可能性は高まっていることから、リスク選好的なドル買いは増えていないようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円80銭−143円27銭、ユーロ・ドルは、0.9971ドル−0.9985ドル。ユーロ・円は142円57銭−142円92銭。