16日午後の東京市場でドル・円は143円30銭台と、底堅い値動き。午前中は鈴木財務相の円安けん制による円買いで142円80銭台に下げる場面もあったが、その後円買いは後退。来週の米大幅利上げ観測で米10年債利回りは下げ渋り、ドルは売りづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円83銭から143円53銭、ユーロ・円は142円95銭から143円55銭、ユーロ・ドルは0.9986ドルから1.0012ドル。