日経平均は292円安(13時50分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>、アドバンテスト<6857>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ソフトバンクG<9984>、ダイキン<6367>、エーザイ<4523>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、鉱業、電気機器、その他製品、石油石炭製品が値下がり率上位、銀行業、電気・ガス業、保険業、パルプ・紙、不動産業が値上がり率上位となっている。



日経平均は方向感の定まらない動きとなっている。前場中頃に外為市場で1ドル=142円80銭台と朝9時頃に比べ50銭ほど円高・ドル安に振れたが、その後、円高・ドル安方向への動きが一服したことなどが株式市場で安心感となる一方、香港ハンセン指数は下げ渋っているが、ダウ平均先物や上海総合指数などが軟調で、東京市場の株価の重しとなっているようだ。