16日午後の東京市場でドル・円は143円30銭台と、こう着した値動き。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)での大幅利上げ観測で米10年債利回りは下げづらく、ドル売りは抑制されている。ユーロ・ドルは1.00ドル台を維持できず、弱含む展開に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円83銭から143円53銭、ユーロ・円は142円95銭から143円55銭、ユーロ・ドルは0.9984ドルから1.0012ドル。