日経平均は300円安(14時45分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>、アドバンテスト<6857>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>、ダイキン<6367>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、鉱業、電気機器、その他製品、非鉄金属が値下がり率上位、銀行業、電気・ガス業、保険業、不動産業、パルプ・紙が値上がり率上位となっている。



日経平均は方向感のない動きが続いている。今晩は米国で9月の米消費者態度指数(速報値・ミシガン大学調べ)が発表される。また、来週21日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見、22日には日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田日銀総裁の記者会見が予定されており、市場の関心が高い。