欧州市場でドル・円は底堅い値動きとなり、143円30銭台で推移する。夕方以降に失速したが、米10年債利回りの上昇でドル買いに振れ、143円前半を維持。ただ、欧米株価指数の軟調地合いでリスク回避の円買いに振れやすく、ドルの一段の上昇を抑制する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円26銭から143円49銭、ユーロ・円は142円65銭から142円93銭、ユーロ・ドルは0.9937ドルから0.9969ドル。