19日午後の東京市場でドル・円は底堅い値動きとなり、143円10銭台で推移する。上海総合指数などアジアの主要指数は弱含み、やや円買い基調に振れやすい。一方で米金利の先高観でユーロやポンドは軟調地合いとなり、ドル・円は下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円65銭から143円12銭、ユーロ・円は142円97銭から143円31銭、ユーロ・ドルは0.9999ドルから1.0031ドル。