NY外為市場でユーロは軟調に推移した。欧州中央銀行(ECB)理事のデコス・スペイン中銀総裁は経済を守るために緩やかな利上げを支持する姿勢を示した。



物価が中銀の目標である2%の5倍近くに急騰しているため利上げの必要性を主張する一方で、域内の活動が著しい減速に直面していることを警告。



独連銀は「ドイツ経済はすでに縮小している」との判断を示した。ユーロ・ドルは0.9985-90ドルで引き続きパリティ割れでの推移となった。ユーロ・円は143円50銭から143円24銭まで下落。ユーロ・ポンドは0.8790-95ポンドで推移した。