20日午前の東京市場でドル・円は143円10銭台で推移。143円34銭まで買われたものの、同水準で利益確定を狙ったドル売りが観測されており、ドルは上げ渋っている。ただ、米国金利の先高観は後退していないため、ドルはこの後のアジア市場で142円90銭近辺で下げ止まる可能性が高いと予想されている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円96銭−143円34銭、ユーロ・ドルは、1.0022ドル−1.0050ドル。ユーロ・円は143円43銭−143円78銭。