英国中銀は連邦公開市場委員会(FOMC)後の22日に金融政策を開催する。英中銀はこの会合で、政策金利を0.5%引上げ2.25%に設定する予想となっている。短期金融市場では英中銀が今後3会合で、200BPの利上げを実施することを織り込んだ。英中銀もFRBに並び年内0.75%の利上げを2回実施することになる。これにより、政策金利を4%近くに引き上げることが想定されている。



ポンド・ドルはFOMC開催に伴うドル買いに一時1.1382ドルまで下落し37年ぶりの安値付近まで下落後は、1.14ドルを回復した。日英金利差拡大観測も強く、ポンド円は163円71銭まで弱含むも164円17銭まで堅調に推移。ユーロ・ポンドは0.8725ポンドまで下落し16日来の安値を更新した。