21日午前の東京市場でドル・円は143円70銭近辺で推移。143円76銭まで買われた後、143円48銭まで下げたが、米国金利の先高観は後退していないため、143円台前半では短期筋などのドル買い興味が残されている。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。アジア市場では143円30銭近辺で下げ止まるとの見方が依然として多い。ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円48銭−143円76銭、ユーロ・ドルは、0.9960ドル−0.9977ドル。ユーロ・円は143円06銭−143円49銭。