21日午後の東京市場でドル・円は143円80銭付近と、高値圏を維持する。日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は軟調地合いとなり、やや円買いに振れやすい。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)でのタカ派的な政策が期待され、ドルは売りづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円48銭から143円87銭、ユーロ・円は143円06銭から143円49銭、ユーロ・ドルは0.9958ドルから0.9979ドル。