欧州市場でドル・円は143円90銭台と、ほぼ変わらずの値動き。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を控え様子見ムードが広がり、全般的に動意が薄い。米金利先高観でドル売りは仕掛けづらいほか、欧米株価指数のプラスでの推移で円買いは後退している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円66銭から143円96銭、ユーロ・円は142円25銭から142円98銭、ユーロ・ドルは0.9898ドルから0.9936ドル。