22日午後の東京市場でドル・円は戻りが鈍く、144円後半での推移が続く。午前中に145円をブレークしており、再び同水準を目指す展開に。ただ、節目付近は売りが強く、ドルは上値を抑えられている。一方、円売りは継続しており、145円への再浮上が見込まれる。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円48銭から145円38銭、ユーロ・円は141円13銭から142円64銭、ユーロ・ドルは0.9809ドルから0.9848ドル。