22日午後の東京市場でドル・円は144円80銭台と、ほぼ変わらずの値動き。日米中銀による政策決定を背景としたドル高・円安は一服し、15時半からの日銀総裁による記者会見が注目される。また、16時の官房長官会見での発言内容も材料視されよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円48銭から145円38銭、ユーロ・円は141円13銭から142円64銭、ユーロ・ドルは0.9809ドルから0.9848ドル。