欧州市場でドル・円は戻りが鈍く、142円70銭台で推移する。欧米株価指数の弱含みで円買いに振れやすく、主要通貨の戻りは限定的。一方、英中銀は金融政策委員会(MPC)で0.50%の利上げを決めたが、景気への影響を懸念したポンド売りに押されてい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は140円71銭から145円84銭、ユーロ・円は139円24銭から143円63銭、ユーロ・ドルは0.9841ドルから0.9907ドル。