23日午後の東京市場でドル・円は142円20銭台と、ほぼ変わらずの値動き。一方、ユーロ・ドルは域内経済の不透明感から売りが出やすく、0.98ドル前半に値を下げた。節目付近では買戻しが観測されるが、本日の経済指標は低調とみられ、一段の売りが警戒される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は141円77銭から142円59銭、ユーロ・円は139円51銭から140円27銭、ユーロ・ドルは0.9818ドルから0.9841ドル。