23日午後の東京市場でドル・円は142円20銭台と、動意の薄い値動き。東京市場の休場で具体的な手がかりが乏しく、全般的に様子見ムードが広がる。アジア株安や米株式先物の軟調地合いのほか、政府・日銀による為替介入で円買い圧力が意識される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は141円77銭から142円59銭、ユーロ・円は139円51銭から140円27銭、ユーロ・ドルは0.9818ドルから0.9841ドル。