23日のロンドン外為市場のドル・円は、142円25銭から一時143円27銭まで上昇。日本政府・日銀によるドル売り・円買い介入が欧米市場で行われる可能性は低いとの見方が浮上し、リスク選好的なドル買いが観測された。ただ、利食い売りも観測されており、142円台半ばまで下げている。



ユーロ・ドルは0.9780ドルから0.9737ドルまで下落。ユーロ・円は138円94銭から139円73銭まで反発した。





ポンド・ドルは1.1210ドルまで買われた後、一時1.1077ドルまで反落。ドル・スイスフランは0.9796フランから0.9831フランまで上昇した。