26日午前の東京市場でドル・円は143円70銭台で推移。ユーロ安継続を意識したドル買い・円売りが観測されており、ドル・円は一時144円08銭まで買われた。現時点でドル買いは一服しているが、日米金利差拡大の思惑は消えていないため、ドルは底堅い動きを保つ可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円27銭−144円08銭、ユーロ・ドルは、0.9551ドル−0.9710ドル。ユーロ・円は137円39銭−139円22銭。