26日午後の東京市場でドル・円は底堅い値動きとなり、144円付近で推移している。ユーロ・ドルやポンド・ドルは午前中に急落したが、足元は下げ一服。ただ、欧州市場で売り再開の可能性もあり、ドルと円は引き続き安全通貨として買いが入りやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円27銭から144円16銭、ユーロ・円は137円39銭から139円22銭、ユーロ・ドルは0.9551ドルから0.9710ドル。