欧州市場でドル・円はもみ合いとなり、143円80銭付近で推移する。イタリアの選挙結果が材料視され、欧州株式市場は売り買い交錯で高安まちまち。過度な懸念は和らぎ、ユーロ売り後退で小幅に値を戻した。ポンドもそれに追随し、安値圏で下げ渋っている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円55銭から143円88銭、ユーロ・円は138円86銭から139円44銭、ユーロ・ドルは0.9661ドルから0.9697ドル。