日経平均は127円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、リクルートHD<6098>、コナミG<9766>、ファナック<6954>などがプラス寄与上位となっており、一方、東エレク<8035>、KDDI<9433>、ソフトバンクG<9984>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、その他製品、サービス業、空運業、食料品、化学が値上がり率上位、海運業、鉱業、石油石炭製品、不動産業、建設業が値下がり率上位となっている。



日経平均は上値の重い展開となっている。午前は堅調だったダウ平均先物が上値の重い展開で、また、朝方は高くなる場面があった香港ハンセン指数が下落していることなどが東京市場の株価の重しとなっているようだ。