欧州市場でドル・円は底堅く、144円前半から半ばで推移する。米10年債利回りは上げ渋り、ややドル売りに振れやすい。一方、米株式先物は堅調地合いとなり、今晩の株高を期待した円売りが観測される。ただ、政府・日銀の介入が警戒され、円売りは限定的。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円22銭から144円42銭、ユーロ・円は138円83銭から139円21銭、ユーロ・ドルは0.9617ドルから0.9647ドル。