欧州市場でドル・円は144円半ばに下げる場面もあったが、その後は144円70銭付近に戻している。英国市場の動揺は収束せず国債利回りは高騰し、ポンド売りが再開。ポンド・ドルは1.0570ドル台で推移し、先行き不透明感からドルは売りづらいもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円49銭から144円77銭、ユーロ・円は138円06銭から138円76銭、ユーロ・ドルは0.9538ドルから0.9601ドル。