29日午後の東京市場でドル・円は底堅く、144円50銭付近で推移。前日低下した米10年債利回りは持ち直し、ドルの買戻しが進む。一方、英国政府の財政策に対する不安は払しょくされず、ポンド・ドルはじり安となり一時1.0780ドルまで失速した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円07銭から144円51銭、ユーロ・円は139円59銭から140円37銭、ユーロ・ドルは0.9674ドルから0.9738ドル。