欧州市場でドル・円は上値の重い値動きとなり、144円70銭台でのもみ合い。日米金利差などで上昇基調に変わりはないが、今週は144円80銭付近を高値に上値が抑えられる。一方、政府・日銀による前週の為替介入で、145円に接近すると円売りは慎重になるようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円58銭から144円79銭、ユーロ・円は139円48銭から140円42銭、ユーロ・ドルは0.9642ドルから0.9706ドル。