30日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。





■株式見通し:押し目買いの動きは強まりそうになく、短期的な売買が中心に

■DCM、2Q営業利益 4.0%減 189億円、800万株の自社株買い決議

■前場の注目材料:いすゞ、来春にEVトラック投入、混流生産でコスト低減





■押し目買いの動きは強まりそうになく、短期的な売買が中心に



30日の日本株市場は、売り先行後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。29日の米国市場はNYダウが458ドル安だった。新規失業保険申請件数が予想外に減少したためインフレ警戒から長期金利が上昇し、売り優勢の展開になるなど、前日の英国中銀が長期国債市場に介入発表による長期金利低下は、1日で反転した。また、アップルはアナリストの弱気見通しが嫌気され5%近く下落するなか、ハイテク株の売りを誘う格好となった。S&P500業種別指数はすべてのセクターが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比165円安の26175円。円相場は1ドル144円40銭台で推移している。



シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売り先行で始まろう。ただし、昨夕の段階で米株先物や欧州市場の弱い動きから先物市場ではナイトセッションの開始時には既に下落していたこともあり、市場は織り込まれていると考えられる。そのため、売り一巡後は次第に底堅さが意識されてくる可能性はありそうだ。とはいえ、日経平均構成銘柄の定期入れ替えでは引け後にSMC<6273>とHOYA<7741>の採用と、ユニチカ<3103>、沖電気工業<6703>の除外による需給要因があるため、手掛けづらくさせるだろう。



また、東エレク<8035>は連日で年初来安値を更新しており、アップルの下落影響なども重荷となるため、センチメントを冷ますことになる。そのほか、30日の米国では8月の米個人消費支出(PCEコア・デフレーター)のほか、9月のミシガン大学消費者態度指数(確報値)の発表を控えていることもあり、底堅さは意識されるものの、押し目買いの動きは強まりそうになく、短期的な売買が中心に。



物色としては個別に材料がある銘柄のほか、需給状況は悪化していない直近IPO銘柄の一角などでの短期売買は活発になりそうである。また、政府対策への思惑なども高まりやすく、関連する銘柄を探る動きなども見られそうだ。







■DCM、2Q営業利益 4.0%減 189億円、800万株の自社株買い決議



DCM<3050>は2023年2月期第2四半期業績を発表。売上高は2388.32億円、営業利益が前年同期比4.0%減の189.69億円だった。節約志向の高まりや行楽需要の増加によりステンレスボトルや冷水筒が好調だったが、アルコール除菌関連商品などの需要低下によって、ハウスキーピング部門全体で低調だった。DCMブランド商品は、新規で展開したコピー用紙などが好調。ホームインプルーブメント部門では、作業用品で空調服など作業衣料が好調に推移。DIY関連商品については、プロ向けの合板や、販売を強化しているモバイルバッテリー関連商品は好調。一方で、金物や塗料関連商品は低調だった。なお、800万株(発行済み株式数の5.49%)を上限に自社株買いを決議した。





■前場の注目材料



・日経平均は上昇(26422.05、+248.07)

・米国景気は拡大

・日銀は金融緩和を継続





・NTT<9432>京都に国内最大のDC新設、400億円投資

・三菱重<7011>電力4社と次世代原発開発、安全性・再生エネと協調

・住友商事<8053>VRで小児弱視を治療、住商など3社、アプリ共同開発

・住友商事<8053>昆虫由来代替たんぱく質のシンガポール社と提携

・花王<4452>米ベンチャーに追加出資、27年めどパーム油代替原料量産化

・ニチコン<6996>グリーンローンで100億円調達、車向けコンデンサー増産に充当

・富士フイルム<4901>三洋化成と体外診断薬で新会社、来月に試薬製造開始

・住友ベークライト<4203>中国に封止材新工場、66億円投資、現地生産能力3割増

・第一三共<4568>抗悪性腫瘍剤で国内の製造販売承認、難治性ATL向け

・参天製薬<4536>UBEと緑内障治療薬で米FDA承認取得





☆前場のイベントスケジュール



<国内>

・08:30 8月有効求人倍率(予想:1.30倍、7月:1.29倍)

・08:30 8月失業率(予想:2.5%、7月:2.6%)

・08:50 8月鉱工業生産(前月比予想:+0.2%、7月:+0.8%)

・9月政府月例経済報告



<海外>

・10:30 中・9月製造業PMI(予想:49.7、8月:49.4)

・10:30 中・9月非製造業PMI(予想:52.4、8月:52.6)

・10:45 中・9月財新製造業PMI(予想:49.5、8月:49.5)