30日午後の東京市場でドル・円は上げ渋り、144円60銭付近に値を下げた。米10年債利回りはじり高となり、先高観からドル買いが入りやすい。ただ、144円80付近での上値の重さが嫌気され、いったん下落。アジア株の大幅安でリスク回避的な円買いも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円31銭から144円77銭、ユーロ・円は141円76銭から142円29銭、ユーロ・ドルは0.9795ドルから0.9844ドル。