欧州市場でドル・円は144円50銭付近と、ほぼ変わらずの値動き。この後発表される米国のコアPCE価格指数は伸びが加速するとみられ、連邦準備制度理事会(FRB)当局者からハト派的な見解が予想される。一方、政府・日銀による為替介入の効果が続くか注目される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円20銭から144円44銭、ユーロ・円は141円42銭から142円20銭、ユーロ・ドルは0.9792ドルから0.9853ドル。