以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------



※2022年9月26日14時に執筆



株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



9月22日の午前3時(日本時間)に、FOMCで更に0.75%幅の利上げが決定しました。13日発表の米消費者物価指数の結果を受けて0.5%の可能性はほぼ消滅しておりましたので、0.75%幅の利上げは多くの投資家にとって織り込み済みと言えます。



結果としてFOMC通過後の22日の日経平均は、前日から145円下落の27167円(終値)となりました。19〜23日の週は月・金が祝日という事もあり、21日から早めに手仕舞いしようという心理がはたらいて売りが続いたように見えます。その後の為替は1ドル145円台に乗りました。



株式市場の現況としては調整相場となっていますが、今後の見通しとして政府からのインフレ対策や円安による業績の上振れは期待できそうです。米国株が下がれば日本株も下がるのは仕方が無いですが、様々なマクロ的要因を見ると日本が相対的に評価される可能性はあります。中国はゼロコロナ政策による経済成長の鈍化が明らかとなり、欧州もウクライナ情勢が穏やかではありません。



米国は11月8日に中間選挙を控えていますので、それまでにインフレが沈静化する目途が立たなければバイデン政権にとって厳しい結果となりそうです。インバウンドで景気回復を図る日本が資金の逃避先となり得るのか…。調整相場の後はどうなるか注視しておりますよ。



自社開発の人工知能(AI)技術を提供しているHEROZ<4382>は、9月9日の決算では営業利益と四半期純利益が堅調です。さらに同日セキュリティサービスを展開するバリオセキュアの子会社化を発表すると、チャート(日足)は窓を開け急騰しております。底値圏からトレンド転換できるか監視中です。



24時間365日対応の多言語・通訳総合ソリューションサービスを提供するインバウンドテック<7031>は、6月にこちらの記事でご紹介させて頂きました。水際対策緩和への思惑からインバウンド関連として物色されている模様です。



板金加工品を手掛けるモリテックスチール<5986>は、9月20日に家電・半導体メーカー向け普通鋼・ステンレス鋼等の商材を扱う中川産業を子会社化すると発表後、急動意しております。EV関連や半導体関連として両社のシナジー効果が楽しみですねぇ。



LED照明のレンタルと旅サイトなどの電子雑誌が主力のネクシィーズG<4346>も直近で下値を切り上げております。関連会社のアイメッドが楽天グループ<4755>とオンライン診療サービス領域における協業に合意した事が材料視されました。底値圏から好材料を機に急動意する銘柄が増えているようにも感じますねぇ。



6月にもご紹介いたしましたECサイト構築やWebシステム開発を手掛けるアピリッツ<4174>は、9月13日の決算発表が好調で動意しました。同月16日には、櫻坂46・日向坂46の公式音楽アプリ「UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)」の運営を、アカツキ<3932>から同社に移管するとの発表後、物色されております。



最後はテレビCMでもお馴染みのM&Aキャピタルパートナー<6080>です。9月15日に上方修正を発表すると窓を開けて動意しました。25日線・75日線を上抜いて、下値を切り上げるか監視を強めております。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。



----



執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず