カッパクリエ<7421>:1270円(-92円)

大幅続落。競合する回転ずしチェーンの営業秘密を不正取得したとして、社長や幹部ら3人が逮捕された不正競争防止法違反事件で、警視庁では法人としての同社を書類送検したと伝わっている。はま寿司と自社商品の原価を比較する資料を作成するなど組織的にデータを使用した疑いがあるとされている。社長逮捕の方針が伝わった先週末は売り先行後に下げ渋っていたが、あらためて信頼性低下による先行き懸念が強まる形に。





スター・マイカ・ホー<2975>:1396円(-173円)

大幅続落。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は51.3億円で前年同期比47.8%増となっている。リノベマンション事業の伸長が業績を牽引、通期計画56.4億円、前期比31.7%増に対して順調な進捗ともなっている。ただ、6-8月期は前年同期比9.8%増と増益率が鈍化しており、決算数値にサプライズは乏しく、出尽くし感へとつながっているもよう。1:2の株式分割実施も発表しているが、下支え材料にはつながらず。





三益半導<8155>:2145円(+223円)

大幅反発。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は32億円で前年同期比75.7%増益に。300ミリウエハーを中心に半導体生産が好調に推移したようだ。また、未定としていた23年5月期の業績計画も公表、営業利益は110億円で前期比45.6%増の見通しとしている。年間配当金計画も前期比19円増の64円としている。営業利益は90億円程度の市場コンセンサスを大きく上回る水準。





東亜石<5008>:2696円 カ -

ストップ高買い気配。50%超の株式を保有し親会社である出光興産が完全子会社化を企図したTOBを実施すると発表している。TOB価格は3150円で先週末終値比43.4%のプレミアムとなっている。買付期間は10月3日から11月15日まで。同社ではTOBへの応募を推奨としており、TOB価格に完全サヤ寄せを目指す動きとなっている。





スターティアH<3393>:1074円(+150円)

ストップ高買い気配。先週末に業績予想の上方修正を発表、上半期営業利益は従来予想の2.7億円から6.2億円に、通期では7億円から11億円、前期比3.2倍の水準にまで引き上げ。情報セキュリティの主力製品であるUTMを中心としたネットワーク機器の導入が好調のほか、MFPにおけるパートナー販売も好調推移のようだ。第1四半期好決算で上振れ期待は高かったとみられるが、修正幅は想定以上と受けとめられている。





FフォースG<7068>:360円(-27円)

大幅に続落。未定としていた23年5月期の営業利益予想を前期比8.9%減の8.48億円と発表している。売上高予想は同27.4%増の38.29億円と好調なものの、主力のプロフェッショナルサービス事業での戦略的な人材採用や人材育成の影響で利益が縮小する見通し。DX事業もプロダクト開発やマーケティングなどの先行投資期間であることから赤字が膨らみ、損益を押し下げる要因になるとみている。





窪田製薬HD<4596>:127円(+5円)

大幅に反発。米子会社のクボタビジョン・インクが実施したエミクススタト塩酸塩のスターガルト病を適応症とした第3相臨床試験の事後解析で、良好な結果が得られたと発表している。エミクススタト投与群の24カ月目の黄斑萎縮の進行率がプラセボ投与群に比べ40.8%抑制されたという。スターガルト病は網膜の遺伝性疾患であり、若年性の黄斑変性とも呼ばれているという。





エネチェンジ<4169>:827円(+11円)

大幅に反発。ウェブマーケティング・コンサルティングのアユダンテ(東京都千代田区)のEVsmart事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結したと発表している。譲受価額は3.00億円、譲受日は31日の予定。同事業はEVに特化したメディア「EVsmart」や充電スポット検索アプリの開発・運営を手掛けており、譲受で収益基盤の拡大を図るとともにEVユーザーの利便性向上を目指す。