日経平均は188円高(14時45分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、信越化<4063>、ダイキン<6367>などがプラス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>、エーザイ<4523>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、輸送用機器、鉱業、石油石炭製品、ゴム製品が値上がり率上位、電気・ガス業、小売業、水産・農林業、陸運業、食料品が値下がり率上位となっている。



日経平均は方向感の定まらない動きとなっている。今日はノーベル賞(生理学・医学賞)が発表になる。今晩は米国で、9月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数や8月の米建設支出が発表される。また、日本時間の今晩から明日未明にかけて、ボスティック・アトランタ連銀総裁のあいさつ、バーキン・リッチモンド連銀総裁の講演、バンズ・シカゴ連銀総裁のあいさつ、ジョージ・カンザスシティー連銀総裁の講演、ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁の講演が予定されている。