3日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩みむ展開を予想する。日米中銀による政策の違いから、ドル高・円安の地合いに変わりはない。ただ、政府・日銀による円買い介入が警戒されており、145円付近から高値では一段の上昇は抑制されそうだ。



9月30日に発表された米PCEコアデフレーターは引き続き強い内容となり、連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め加速への期待感から米10年債利回りの上昇を手がかりにドル買いへ振れた。ユーロ・ドルは0.9730ドル台に失速し、ドル・円は144円80銭付近に上昇。週明けアジア市場はユーロやポンドの売りが優勢となり、ドル選好地合いに振れた。ドル・円は1週間超ぶりに145円台に浮上したが、その後失速し上げ渋った。



この後の海外市場はドル・円が145円台に定着するか注目される。日米中銀による政策の違いで、ドル高・円安の基調は継続する見通し。また、ウクライナ情勢の悪化が警戒されるなか、欧州通貨売りが強まればドル高の支援材料となりそうだ。一方、財務省は前週末、9月22日の為替介入額は2.8兆円だったと発表した。市場の試算である3.6兆円を下回り、投機筋の円売り再開が見込まれる。半面、為替介入を警戒した慎重な動きも想定される。



【今日の欧米市場の予定】

・17:00 ユーロ圏・9月製造業PMI改定値(予想:48.5、速報値:48.5)

・17:30 英・9月製造業PMI改定値(予想:48.5、速報値:48.5)

・22:05 ボスティック米アトランタ連銀総裁開会あいさつ(技術関連会議)

・22:45 米・9月製造業PMI改定値(予想:51.8、速報値:51.8)

・23:00 米・9月ISM製造業景況指数(予想:52.4、8月:52.8)

・23:00 米・8月建設支出(前月比予想:-0.1%、7月:-0.4%)

・04:10 ウィリアムズNY連銀総裁講演(米ヒスパニック商工会議所年次会議)