4日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。





■株式見通し:ハイテク株へのリバウンド機運が高まる

■しまむら、2Q営業利益 14.1%増 289億円、コンセンサスを若干上回る

■前場の注目材料:大日本印刷、環境支援サービス提供、部門横断チーム発足





■ハイテク株へのリバウンド機運が高まる



4日の日本株市場は、買い先行で始まり、その後も底堅い値動きを見せてきそうだ。3日の米国市場はNYダウが765ドル高だった。英国のトラス政権が最高所得税率引き下げを撤回したため世界金融市場混乱への不安が緩和し買戻しが先行。9月ISM製造業景況指数や8月建設支出が予想下回り、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースを加速するとの懸念が和らいだ。売り方の買い戻しの動きが強まったほか、直近の大幅な下げに対する割安感から押し目待ち狙いの買いも入ったようだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比365円高の26595円。円相場は1ドル144円50銭台で推移している。



シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行で始まろう。英国のトラス政権の減税案撤回についてはある程度昨日の強いリバウンドによって織り込まれている面はあるものの、米国市場の強い値動きによってショートカバーは強まりそうである。日経平均は9月半ば以降の調整で切り下がる5日線に上値を抑えられるトレンドを形成しているが、本日はこの抵抗を突破してくることになろう。昨日の朝方の調整で25621円まで下落してのリバウンドとなり、6月20日安値25520円とのダブルボトム形成も意識されてくるため、底入れ感も台頭しそうだ。



日経平均はマドを空けての下落が続いていたため、まずは9月26日に空けたマド(26779円〜26955円)を埋めてくる動きが意識されてくる。そのため節目の27000円が目先的なターゲットになりそうだ。また、昨日は東エレク<8035>が大幅なリバウンドを見せてきた。ようやく売りが続いていたハイテク株へのリバウンド機運が高まることから、日経平均型の上昇への期待にも繋がろう。米国ではテスラが急落していることもあって自動車株は手掛けづらくさせてくる可能性があることから、結果的にはNTロング(日経平均買い、TOPIX売り)のスプレッド狙いの動きも入りやすいだろう。



とはいえ、引き続き欧米の金融政策の影響に振らされる状況は変わらないほか、米国では5日に9月のADP雇用統計、9月のISM非製造業景況指数、7日には9月の雇用統計の発表を控えていることもあり、積極的な上値追いの動きは限られやすく、値がさハイテク株など相対的に出遅れている銘柄に資金が向かいやすいだろう。そのほか、足元で底入れからリバウンドの動きを見せてきている直近IPO銘柄の一角などへも個人主体の値幅取り狙いの資金が向かいやすいと考えられる。







■しまむら、2Q営業利益 14.1%増 289億円、コンセンサスを若干上回る



しまむら<8227>が発表した第2四半期業績は、売上高が前年同期比5.9%増の3013.48億円、営業利益は同14.1%増の289.19億円だった。コンセンサス(284億円程度)を若干上回る。JBやインフルエンサー企画でトレンド提案を強化し、旬のキャラクター商品を積極展開したことで客数が増加した。





■前場の注目材料



・日経平均は上昇(26215.79、+278.58)

・NYダウは上昇(29490.89、+765.38)

・ナスダック総合指数は上昇(10815.43、+239.82)

・シカゴ日経先物は上昇(26595、大阪比+365)

・SOX指数は上昇(2393.32、+86.62)

・VIX指数は低下(30.10、-1.52)

・米原油先物は上昇(83.63、+4.14)

・米長期金利は低下

・米国景気は拡大

・日銀は金融緩和を継続





・大日本印刷<7912>環境支援サービス提供、部門横断チーム発足

・パナHD<6752>欧州に3年500億円投資、ヒートポンプ式暖房機増産・開発体制拡充

・三菱ケミG<4188>米工場の投資判断延期、足元の市場変動受け

・三菱商事<8058>バイオマスナフサからプラスチック生産

・NEC<6701>DXテコ入れ、グループ横断組織を新設

・富士通<6702>デルとオープンRANで協業、設計概念を提案

・NTTデータ<9613>米アピセロ買収、コンサル競争力向上

・ロート製薬<4527>三重拠点にスマート工場、生産能力1.5倍

・資生堂<4911>英スキンケアブランド買収、マイクロバイオームで攻勢

・日本触媒<4114>SAP生産計画にAI、姫路で運用開始、他拠点へ展開検討

・信越ポリマー<7970>ウエハー搬送用容器増産、新潟・埼玉で能力増強





☆前場のイベントスケジュール



<国内>

・08:30 9月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+2.8%、8月:+2.6%)

・08:50 9月マネタリーベース(8月:前年比+0.4%)



<海外>

・特になし