5日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、144円10銭台を維持する。米10年債利回りは下げ渋り、ドル売りは回避されているもよう。一方、日経平均株価は前日比100円超高の堅調地合いだが、米株式先物は軟調のため、円売りは抑制された。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円53銭から144円32銭、ユーロ・円は143円38銭から144円01銭、ユーロ・ドルは0.9960ドルから0.9990ドル。